はじめに


皆さんがパソコン特にノート型パソコンを購入する際に参考になるようにこのブログを開設致しました。特にパソコン界ここ数年の進化は目覚ましい。2012年も皆さんがよりよい購入をしていただけるように、たくさんの情報から、ポイントをいくつかあげて説明させていただきます。

自分はノート型パソコンを使って20年程になります。今仕事用[自腹]のネットブックを含め7台目となりました。現役で4台しか動いていませんが、それぞれ購入時には、いろいろと検討して購入しました。無駄も多かったところもあり、今の現役PCはそれぞれに考慮して購入しました。参考になれたらと思い皆さんにアドバイスを送ります。


2012.01.27.改定

ウェーブミュージックシステム - サウンドリンクアコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンクボーズ・オンラインストアサウンドドック10
アコースティックウェーブミュージックシステムII

ウェーブミュージックシステム
ライフスタイル V35 ホームエンタテイメントシステム

サウンドドック10 デジタルミュージックシステム


わーい(嬉しい顔)ブログ記事の下に、パソコンの選び方について、購入の際のポイントを記していますので、ご活用ください。バッド(下向き矢印)

2012年10月04日

手のひらサイズのプロジェクターに新型◎「3M モバイルプロジェクター MP220」


住友スリーエムは2012年8月31日、バッテリーを内蔵した手のひらサイズのプロジェクター「3M モバイルプロジェクター MP220」を発売した。明るさを従来機種の2倍以上にした。価格はオープン。
直販サイトで購入できる。価格は82,800円。


かかくは決して安くはない・・・が、手のひらに乗るほどの、大きめのポケットなら入れれば隠れてしまうほどのコンパクトさなのが、最大のウリだ。

重さも約413gのコンパクトなプロジェクターで、パソコンやスマートフォンなどと別売のVGAケーブルで接続してディスプレイの情報を表示するほか、1GBの内蔵メモリーやmicroSDカード(別売)内の画像も投映できる。明るさは65ルーメンで、従来機種「ポケットプロジェクター MP180」の明るさ30ルーメンの、2倍以上だ。解像度は1024×600ドット。ポケットサイズとなれば遜色ない。

投映画像は最大75型(350cmの距離から)で、再生可能なフォーマットは、静止画(GIF、PNG、JPEG、BMP)、動画(MPEG-4、H.264、MOV)、音声(MP3、AAC)、ドキュメント(Word、Excel、PowerPoint、PDFなど)。本体寸法は幅157×奥行き81×厚さ32mm。

もう一つの魅力は、内蔵のリチウムイオン電池で電源が確保できなくとも、内蔵されているリチウムイオン電池のバッテリー充電で約2時間使用できる。





尚、従来の「ポケットプロジェクター」との